FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
3回目は、元イタリア代表トルドです。現在はインテルの第2GKで、J・セーザルに第1GKをあけわたしてます。私が最初使ったトルドでした。飛び出しがよくわからないのに、止めてくれるGKはかなり心強いです。

トルドのハイライトといえば、EURO2000での活躍。
オランダ戦PK戦・試合の流れのPKを合わせると7本止めた計算になります。
当時オランダには、デ・ブール兄弟、クライフェルト、ベルカンプ等がいました。
ちなみにPK戦のときのGKはファン・デル・サールです。

使用感に入りたいと思います。
トルドは、地蔵型GKとして最高のGKだと思います。ミドルの反応をすごいし、私が「もう終わった」と思ったのも防ぐGKです。勝負強さはブッフォンより断然上だと思います。守備の乱れから打たれても、どうやって止めてるの?見たいな感じでゴールを許しません。
なんといってもトルドを語るのにはPK戦を抜いちゃいけないと思ってます。
いつも最低でも2本は止めます。調子がいいときは全部セーブ(1本ポスト)がありました。

トルドもすばらしいGKですが、弱点は経験依存度の高さです。最初は面白いチョンボを見せます。緩いミドルを棒立ちしたり、ゴールキックを相手FWにパスしたり失笑もののパフォーマンスを見せます。
しかし、経験のたまり早いので10数試合で済みます
あと、時々ミドルを前にはじくときがあります。しかし、相手にあたらなければトルドのパワーで吹き飛ばします。

私の周りでは使ってる人を見かけませんが、GKの人選で迷い、綺羅枠があるならトルドをお勧めします。


スポンサーサイト

テーマ : WCCF - ジャンル : ゲーム

 
ブログを開設したシンギョウと申します。
水戸ホーリーホックファンで、ミランも好きです。


初回目は、GKのルパテッリ選手です。
本人は親日家らしく、天井には日本の国旗を貼り付けてるそうです。
ミラクル・キエーボ(01-03)を担った守護神です。現在はフィレンティーナの第2GKです。
キエーボ時代が全盛期でしょうね。

さて、さっそくですが、使用感を書きたいと思います。
100試合使った使用感を書きたいと思います。

特徴はまず飛び出しが早いです。経験がないときでも早いです。
あと、クロスもカットできます。ただし、パワーがないので遠くにははじけずにきめられるパターンがありますので、連携のいいDFが不可欠となっていきます。
あと、調子がいいとスーパーセーブを連発してくれます。しかし、ポジショニングが悪い感があり、反射神経で誤魔化してるようなきがします。
PKもそれなりに強いです。5本中最低でも1本止めてくれます。前は3連続セーブなどありました。

弱点は、DF越しのミドルシュートに弱いです。棒立ちもありえます。それさえなければ定番GKになってたでしょうね。ラインを低くたもつチームなら別のキーパーをお勧めします。

飛び出しについては、SPEは16くらいありそうです。ブッフォンより勝ると思います。
飛び出しをもとめるなら、ルパデッリをおすすめします

05-06での使用感です。参考程度にどうぞ。

テーマ : WCCF - ジャンル : ゲーム

 

| Home |


 BLOG TOP 


template and material by HPテンプレート素材集IFD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。